毎日の生活の中で感じるちょっとした幸せのときを集めて


by 啓香
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

円覚寺での夏期講座

d0080094_13281652.jpg
手から心へ・・・食べる事とは?

かねてから、愛読している料理家、随筆家の辰己芳子さんの講演があることを知り、
北鎌倉の円覚寺にいってきました。

9時30分ごろ北鎌倉の駅に着き、円覚寺に着くとなんとすでに沢山の人が集まっており
本堂は人でいっぱいで,2階の別棟のお部屋に案内され、大きいスクーリンで聞くことに

窓からは、美しい緑とさわやな自然の風が、心地よくやはり、お寺は木 気がいい!

講演内容は
もちろん食の事

食べることは呼吸と等しく 命のしくみに組み込まれている。

食すことは命を養う

最近は だしをとらない人がとっても多くなっている。
現代病というか めんどう、怠け病がはやっている。(辰己芳子さんのお言葉)

日本人の骨肉といえる、味噌汁は生命力を与える大事な食べ物
昆布と鰹節の一番出汁をとりましょう。


日本のだしは海のものと、山のものとの組み合わせで

旨みと滋養を作り出すよう勘考してある
湿度の高い日本に生きるにはこの、自然と人智の力を使わないてはない。

暖かい在りし日の母のような、辰己芳子さんの深い愛の言葉を思い出しながら

今日は一番だしをとります。
d0080094_1322134.jpg

トラックバックURL : http://ksakamoto8.exblog.jp/tb/19302810
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ksakamoto8 | 2013-07-20 13:29 | 学び | Trackback