毎日の生活の中で感じるちょっとした幸せのときを集めて


by 啓香
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:禅の心( 4 )

自然の中で過ごす。

光る海・・・お天気のよい日はできるだけ外の空気を吸いに 歩きましょう。

        この日はお天気もよく 潮風を感じながらの散歩 ル~ンル~ン♪

        大切なのは過去でもなく、これからでもなく 一呼吸一呼吸の今

        未来は 今が作る なんちゃって

        今日も元気印
        ハッピー

        海はいいなー きらきら輝いて・・・・心が無になる 
d0080094_2153387.jpg


                
 
by ksakamoto8 | 2012-05-25 21:55 | 禅の心 | Trackback

続けています。

朝の日課・・・・昨年の禅寺(総持寺)での、体験から得たものは?

ここのところとっても寒い日が続いていますね。

朝の5時40分の目覚ましが・・・時々つらく感じるぐらいに 寒い!

え~い やーと 掛け声をかけて ふとんから抜け出す。
朝の食事の準備
相棒を送り出した後は 朝の日課 お花に声をかけながら みずやり・・・・

母の仏壇に 3本のお線香をくゆらせ CDをかけながら 座禅が10分

あえて 暖房はつけずに 寒さを肌で感じながら 呼吸をゆっくり~
(あの時の思いを 忘れないために・・・・・)

総持寺で購入した 座禅のための サブトンが 硬さといいい なんとも 最高♪
この おザブがなければ ・・・・これまで続けてこれなかったかも

私の好きな4文字熟語は 継続は力なり 一息の座禅 これからもも続けま~す。
d0080094_11281068.jpg

by ksakamoto8 | 2012-01-17 11:29 | 禅の心 | Trackback

愛と怒りの仏

金沢文庫へ・・・・今年の夏から始まって東京国立博物館では、空海と密教美術展、秋には親鸞と法然展
鎌倉では今週末が最終日となる鎌倉×密教(鎌倉国宝館)展、

思えば沢山の仏像、菩薩たちを 見る機会に恵まれた年だったと思う。
なかでも金沢文庫で開催中の愛染明王展は 何回も通っている。

家から40分足らずということもあるが、図書室の本がすばらしい! 残念ながら貸し出し行っていないので
毎回1時間ぐらい 新たなほんとの出会いを楽しんでいる。

今展示中の5指量ほどの愛染明王像や、奈良の国立美術館所蔵の香合仏、個人所有の梵字の瓦経など
みることができる。

仏教美術に興味のある方には、ぜひこの機会に・・・・・・・隣接の称名寺の禅庭ものどかで、カメのお散歩が
なんとも可愛いよ~


d0080094_9382997.jpg
d0080094_9423481.jpg

by ksakamoto8 | 2011-11-24 09:13 | 禅の心 | Trackback

一息の禅

d0080094_1422082.jpg
プチ修行・・・先日 鶴見にある曹洞宗の総持寺にて 2泊3日の座禅合宿にいってきました。

移設から100年の歴史あるお寺 道元の教えは (本来人間は仏と同じ悟りの境地にある )
座禅の修行も悟る為に行なうのではなく 人間らしく仏らしく生きる為にほかならないと・・・・

何かを得ようとするのではなく あるがままの心で ただひたすら 座ること 只管打座

あれこれ考える前に まずは体験あるのみ!

1回 40分の座禅を8回 朝起床 3時40分 振鈴の音とともに 飛び起きる
                      4時から 座禅 座り方 呼吸の仕方 背筋をのばし
雑念を 追いかけず 邪魔にせず ひたすら・・・・無になる

いきなり 小気味よい警策の音が響く ビッシ これがうわさの 警策の音

なんだか痛そうでどうしよう? おびえつつ 一度あえて合掌をして 勇気を出して 願い出てみることに
ビッシ う~ん 右肩に痛みの余韻が 後から不思議な気持ちが 愚かな自分に対しての 叱咤激励の
ように思えてきて ・・・・・ スッキリ 

呼吸をゆっくり 丹田を意識して・・・呼吸が整ってくれば 脳内物質のセロトニンが活性化され
自律神経のバランスがとれ 心と体によさそう・・・・

座禅の後は 152メートルの廊下の拭き掃除 修行僧のお手本をみて すごい! さすが!
いきなり 一気に あの長い廊下を・・・・・ まねしてみたけど 途中で ぎっぶアップ

いつもピカピカに光輝いている廊下は 朝とお昼に修行僧たちが お掃除しているとの事

頭が下がります。 廊下を磨くことは 自己を磨くことにも・・・・・我も見習わなくては

いろいろ 反省あり 気づきあり 自分に渇を・・・・・

精進料理は最高においしかった!(感謝)
d0080094_1419528.jpg
[#IMAGE|d0080094_14192898.jpg|201109/29/94/|left|1836|3264

 
by ksakamoto8 | 2011-09-29 14:23 | 禅の心 | Trackback