毎日の生活の中で感じるちょっとした幸せのときを集めて


by 啓香
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:旅( 26 )

京都へ

d0080094_15440225.jpg
d0080094_15423457.jpg
6月の京都
 久々の京都で、いつものお香の勉強会に参加しました。
参加者は9名で、石川県、奈良、神奈川などなつかしい仲間との再会
沈香の香りの中で、インセンスのブレンド
形成は後日自宅ににてすることになりました。

夜は先生と仲間と、会席料理に・・・・とっても美しくおいしく
さすが和食は、世界でも認められ、まさに日本の宝ですね。

翌日は、卒業生の一人が智積院に叔父様がお仕事されている関係で
特別に案内していただき、お庭のしばらしさに感動!

襖絵も見事です。やっぱ京都はいいなー101.png



by ksakamoto8 | 2017-06-12 15:44 | | Trackback

初詣

2016年の初詣・・・・友人からのお誘いで日帰りバス旅で初詣にいってきました。

            寒い日で風がほほに冷たい一日でしたが 
            帽子に手袋とあったかいマフラーで完全防備

            バスで近くに下ろしてくれるので、とってもらくらく♪

            成田新勝寺でおまいりして、次は海外でも人気の牛久大仏へ
            地上120メートル世界1のそれはそれは 大きな仏様
            エレベーターで地上85メートルの展望台へ
            入り口にははすの花のアロマが漂い幻想的な感じ・・・・
            う~ん すごい迫力 暖かい母の懐に抱かれているような心持に

            3つ目はあの男は辛いよの柴又の帝釈天に
            寅さんの舞台になった高木やさんの草もち前に一度食べたけど
  
            そのおいしさが忘れられず 
            やっぱり おいしい!きてよかった。
            

       
d0080094_19303950.jpg
d0080094_19335930.jpg


by ksakamoto8 | 2016-01-27 19:38 | | Trackback

秋の京都

久々の一人旅・・・・着物の雑誌の七緒でみつけた,京都にあるお店を尋ねるために、思い切って一人でいくことに・・・・・
          かつて、イタリア、チエッコもそういえば、一人旅だった。

          少し緊張感とワクワク感で京都へ
          新幹線であっという間に目的地につく。
d0080094_21002905.jpg
          八坂神社から歩いて知恩院まで

          明日は月に1回開催される知恩寺の朝市がとっても楽しみ!
d0080094_21032103.jpg
d0080094_21011967.jpg
 
          

           
      
          
          

          
          
          




by ksakamoto8 | 2015-09-22 21:07 | | Trackback

気仙沼から大島へ

d0080094_15111452.jpg
d0080094_15104377.jpg
久しぶりの再会

 両親の眠るお墓参りに、姉と二人で大島に住む兄の所へいってきました。
数年ぶりの再会、お互いに元気でこうして生かされていることに感謝しながら
両親の眠るお墓へ・・・・・・

3.11から思えば大分活気もでてきて、新らしい市場もできていたり・・・其の反面まだ
震災の影響が思い出される場所が色濃くあって、複雑な思いがこみあげてきました。

人間の生きるうえでのたくましさも感じつつ、反面自然災害に対しては何の力も及ばない無力さ
唯ひたすら現実を受け止め、それでも前を向いて明日を信じて・・・いつか花は咲く?









by ksakamoto8 | 2015-07-23 15:13 | | Trackback

仲間とバス旅に

パッチワークの仲間たちと~小さな旅へ

 春のバス旅で千葉まで、40人が集まりました。
海鮮の食べ放題や、野菜のつめ放題など

バスのなかではビンゴゲームや、歌などを合唱して あーっというまに
目的地のホキ美術館に到着

すばらしい!写実画にすっかり魅了されました。
お土産には千葉でとれた生のりとお花を・・・・・・

d0080094_189281.jpg


d0080094_189582.jpg

by ksakamoto8 | 2015-04-28 18:10 | | Trackback

いとこ会

富士山といとこ会

久しぶりにいとこ会で、三保の松原そして久能山へと一泊旅行

親戚は皆、山梨の山中湖や、富士吉田に住んでいるのに、
三保の松原は初めてとのこと、近くだと案外いつでもいけるからと思っいたみたいだ。

お天気は暑くも寒くもなく、絶好のタイミング
海の風を感じながら、ロープウエイを乗り久能山へと

階段の一段一段がとても高く、やっとの思いで頂上まで
豊臣家康のお墓に手を合わせ、手形を見つけて手を合わせてみる

身長155センチで体重60キロとあり、男性としては案外小柄かな

やっぱ!
d0080094_12325430.jpg
富士は日本一の山


d0080094_12332654.jpg
d0080094_12364961.jpg

by ksakamoto8 | 2014-10-31 12:36 | | Trackback

蘭麝の会で

高野山~熊野古道

11月の後半2泊3日で、お香の仲間たちとの旅行で、昨年訪れた高野山に再びいってきました。
とにかく、寒くないように万全な服装で・・・皆 ちょっと着込みすぎたかな? 

普賢院の宿坊では夕食はもちろん、精進料理、なかでもごま豆腐は絶品
夕食後は塗香を全員で作りお寺に納めたり、朝のお勤めも全員で参加
仏舎利(お釈迦様の骨)を見ることができるなんて・・・・感激!

翌日は、バスで一路 日本書記にも登場する自然崇拝の地 木の国 熊野古道へ

自然の再生を祈りつつ・・・・木のつえをお供に  
ゴツゴツした石畳を登りきると、なんともいえない爽快感が・・・

香りを通して、仏教の歴史、日本の成り立ち、そして
自然とは?生きるとは? そんな事を考える旅になりました。
d0080094_20371612.jpg
d0080094_20375362.jpg
d0080094_2039168.jpg
 
by ksakamoto8 | 2012-12-01 20:39 | | Trackback

小さな気づき・・・

旅便り レポート7

日本を離れてみると、たった12日間でしたが
小さな気づきがありました。

大切な家族のいることの幸せと
毎日食べている、和食のおいしさ

日本に帰り、其の夜に食べたものは 鮭の焼き魚、ごぼうとにんじんのきんぴら、
サラダ、ほうれん草の胡麻和え、お豆腐、漬物、わかめの味噌汁       
   

まだまだ残暑もきびしそうだけれど、
d0080094_10223372.jpg
d0080094_1023855.jpg
旅での充電も終わり、
そろそろ気を入れて、課題のレポートに取りきまなくては・・・・

写真はシンガポールのホテルのロービー
シンガポールの植物園近くでの、はすの花
by ksakamoto8 | 2012-09-17 10:25 | | Trackback

ホテルにて

旅便り レポート6

2つのホテル

ジョホールバル、車で3時間半ぐらいかけて、マラッカに到着!
ホテルにつくと、日本人のホテルマンが声をかけてくれ、なんだか
一安心・・・

お部屋につくまでの途中に、エステルームがあり、そこから
甘いアロマの香りが漂って なんだかいい感じ

夜は毎週土曜日夜市があると聞き、お花で飾られた人力車に乗る事に
日本人とわかると、演歌が流れ、かなり大きな音で うれしいやら、はずかしいやら♪


シンガポールのホテルは、夜になるとキャンドルが印象的でした。

あのマーライオンをみに、
d0080094_16144980.jpg
d0080094_16151995.jpg
遊覧船に乗って一周、海からの風が気持ちよかった。
by ksakamoto8 | 2012-09-16 16:16 | | Trackback

外食で

d0080094_8295262.jpg
旅便り レポート5

今回の旅で外での食事でおいしかったものは?

ベスト4は

有機栽培のお店でのケーキとヨーグルト
ジョホールバルでの韓国料理
シンガポールでの中華料理
マラッカでの マレー料理

ちなみに、マレシアーの人口は2,800万人
そのうちマレー系(イスラム系)は65%
中華系が25%
インド系が10%

マラッカでは、のども渇いていたので生ビールか冷たい赤ワインでも飲みたっかたのですが
ここは イスラム系の世界でした。
しかたなくジュースを頼むとまたまた、甘い飲み物が 登場・・・・

そういうわけで、アルコール類は一切おいていません。もちろん豚肉も

マレー系はチキンや牛はOK でもイン系ドでは牛は食べない。
食や文化の違いはあっても、一つの国として、他民族がお互いの宗教や食習慣などの
違いも、理解しつつ共存している事に、ひたすら感心しました。
d0080094_8273657.jpg

by ksakamoto8 | 2012-09-16 08:31 | | Trackback