毎日の生活の中で感じるちょっとした幸せのときを集めて


by 啓香
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:和の香り( 21 )

秋の香り

名古屋から伊勢神宮へ

9月の半ば、香りのセミナーをかねて名古屋に、日差しも強くまだまだ残暑といったかんじで
セミナーの会場である願生寺まで、日傘をさしながら向かいました。

浄土真宗のお寺で、卒業生の一人がこちらに嫁がれ其のご縁で、お寺でのにおい袋作り
久しぶりの再会を楽しみながら、秋に相応しい香りのブレンドが完成!

法話も聞くことができ、このご縁に感謝!

夜はホテルでの乾杯と和会席で盛り上がり、名古屋城が見えるお部屋に宿泊

明日は早起きして伊勢神宮へ・・・・・まずはみちひらきの神社である猿田彦大神へ、それから内宮と最後に外宮へ、

小さな秋のたびを満喫しました。
d0080094_148431.jpg



d0080094_1485443.jpg
d0080094_14931100.jpg

by ksakamoto8 | 2014-09-17 14:10 | 和の香り | Trackback

七宝毬の完成

ちりめんで・・・・七宝毬は其の形から、家庭円満、人の輪、和の心を表しています。

一針、一針心を込めて、やっと完成しました!

綿の中には、厄除け用の香りをブレンドしました。
(白檀、桂皮。丁子、甘松、龍脳・・・・など)

人間は一人では生きられない
一番大切なのは、人と人とのつながり

和の心で、感謝の心で・・・・・世界の平和を願って♪
d0080094_936018.jpg

by ksakamoto8 | 2013-04-24 09:36 | 和の香り | Trackback

水の流れのように・・・

まだまだ寒い毎日が続いておりますが 確実に日はのび 春の気配も かすかに・・・・・

練り香の香りを お部屋に漂わせながら お雛様を飾りました。


最近のニュースで気になることが 大型地震の可能性が 30年が4年? 以内に起こる可能性大!

三浦海岸あたりに活断層があるし 不安!どのような心持でいればよいのだろうか・・・・・


老子いわく 上善若水・・・じょうぜんはみずのごとし
水は万物に利益を与え、他と争わない。大きな働きをしながら自慢せず
、おのずからは低い位置にいる。最もよい生き方とは、水のように生きることである。

水のように、自然に身をまかせ謙虚な生き方 柔軟に自在に変化できたら理想だが・・・・

空を見上げるような大木、お隣にすむ ワンちゃんも 小さな虫も、そして私たちも 大きな地球の中にいる。


与えられた今の命に感謝し、できることは精一杯行い、天命を待つことに046.gif

お隣のワンちゃん 
d0080094_11421439.jpg

by ksakamoto8 | 2012-02-06 11:44 | 和の香り | Trackback

手塚治虫のブッタ展へ

上野の森へ・・・・ 友と5月晴れとは言えないお天気の中 2つの展覧会へ

午前中は ブッタ展へ さすが天才!みごとな アニメの原画がすばらしい 
ゴータマブッタ(釈尊) の誕生と成長の歴史が わかりやすく 描かれている。
 
ブッタの教えとは?いかに生き いかに死にきるか 

老いることや そして 死ぬことといった苦悩をいかに克服してゆくのか?

誰でも 生きるうえで、思い通りにならないことって あると思うのですが

思い通りにならないことは 苦であり 思い(自分の都合)が強いほど、苦しみも強くなる

では 思いを(自分の都合)を整える 
思いを変換すれば 苦がなくなる。

つまり 執着心を捨てることかな

できそうで なかなかできないこと 

でも 悩み多き時は このことを 思い出してみましょう。

午後は気分を変えて かぐわしき香り明宝展へ

香の道具から日本画まで 仏教とともに香りが日本に伝わり、目にはみえない 五感の世界の

奥深さに ただただ うっとり 伽羅の香りに 至福のひと時

パンダは また 次回に
d0080094_18505963.jpg








 
by ksakamoto8 | 2011-05-12 18:52 | 和の香り | Trackback

ひな祭りの香タイム

雅な気分で・・・・今日は3月3日 皆様 ひな祭りで~す。

FMのラジオから 春よ来い 早く来いと♪ ダカーポのさわやかな 歌が流れてきて 本当に春が待ち遠しい

そんな日は 雅な和の香りに包まれて

先日の横浜よみうりカルチャーで 作成した 完成品の映像を NK様から送っていただき 公開します。

お雛様の雰囲気がでていて ・・・・桃の花 お香 甘酒 灯りも 添えて 
d0080094_9394249.jpg


外は今日は寒そうなので お部屋で 香りに包まれて ・・・・ホームエステでもしようかな012.gif
by ksakamoto8 | 2011-03-03 09:41 | 和の香り | Trackback

幻の香木を聞く

蘭麝会にて・・・・香司の集まり会で 貴重な香木を聞くことができた。

沈香のなかでも 極品黒タニ ベトナム産の沈梗 極上本泥など

この日の講師は和歌山県で 全国の老人介護で活躍されている代表の方
香木収集が趣味で コレクションの中から 貴重な香木を聞かせて頂き 感激!

体験談として 老人の施設では 認知の方が 多く お香をたくことによって
残っている 情力に香りが  いい思い出を引き出し 幸福感がますのではという事が
 ガッテン するとともに 心に残る。

(香りにより 穏やかな 顔つきになってくることに 気がついて 時々行なっているようだ。)

予算的な門題があるが・・・ 全国的に 高齢者の施設などで 香りによる 良い効果を
 是非知らせたいと 熱く語り ・・・我々参加者も 熱心に耳を傾けつつ

伽羅の香りの中で まったりとした 時を 満喫016.gif
d0080094_8364221.jpg
 
by ksakamoto8 | 2010-06-09 08:37 | 和の香り | Trackback

心静かな時

墨の香りで・・・・ゴールデンウイークも終わり 皆様はいかがお過ごしでしょうか?

数十年ぶりに、仕事から開放され 一個人としての ゴールデンウイク の過ごし方といえば?
今までの 生活の総決算 いらないものの処分 シンプルに生活しやすい暮らしを理想に

気がつけば あまりに沢山の物に囲まれていることに気がつき 捨てる捨てる
何事も 潔さよさが大切!

 終わってみれば  爽快・・・・すっきり

今日は 世界のオルゴールの音色とともに 再び始めた かな書道の世界へ

墨の香り(ボルネオール)に癒されて・・・心静かな 時を楽しむ 幸せな時
d0080094_8381857.jpg

by ksakamoto8 | 2010-05-07 08:39 | 和の香り | Trackback
新年の誓い・・・2010年の過ごし方皆様 明けまして おめでとうございます。
昨年作成した 元旦に使用する為に」作成した 黒方の金箔入り練香を 焚きしめながら・・・
(この写真はNK様より 届き 今年のえとの虎に匂い袋と 黒方の金箔が見事にマッチ)
黒方の練香は おめでたい時に使用されるのですが 金箔入りの練香は 明治天皇即位の際
使用されたとか
 黒方のレシピに 金沢から金箔を取り寄せ 作成したものです。
その 雅やかな 練香のお陰か?

2010年あたらしい年は 格別な 新鮮な気持ちが・・・・・しています。

さてさて 恒例の 2010年の過ごしかた 毎年 手帳の1ページ、元旦の午前中に、に書くのですが 8つの誓いのなかから3つだけ
 公表しちゃいます。

1)知的好奇心(新しい学び)  
2)筋力アップ
3)ていねいに暮らす(食を中心に手作りを心がける) 環境にも配慮

毎年の誓いは 時々忘れないように 目を通すことも大切 かならず紙に書き 時々思い出し
繰り替えし 見るようにしましょう。


潜在意識に働き 願いは きっと叶います。
d0080094_16312960.jpg

さぁ あなたの2010年は どんな誓い&願い??? でしょうか?
by ksakamoto8 | 2010-01-02 16:37 | 和の香り | Trackback

東京都美術館にて

冷泉家☆王朝の和歌守展へ・・・・イチョウが 黄色に色づき、深まりゆく、秋の紅葉を楽しみながら・・・・
 お散歩がてら 上野の美術館に足を運びました。

平安時代の公家文化を現代に受け継ぐ、京都・冷泉家 定家の書写や日記など500点 なんとも みやびな
世界 気品がを感じさせる着色、色彩感覚 かな書道の字 一つ一つが まさに芸術・・・・・

戦後の荒波を乗り越え、有形無形に文化を受け継ぎ 守りぬいた 王朝美 
日本のすばらしい伝統文化に お宝とはこういうもの! 実感が じ~んわりと広がる。

12月20日まで開催中 上野の紅葉を見ながら あなたも 足を運んでみては いかがでしょうか?
(お土産コーナーには京都御所ちかくにある 山田松様のの匂い袋がありました。)
d0080094_1819497.jpg

by ksakamoto8 | 2009-11-24 18:22 | 和の香り | Trackback

お香講座で・・・・

匂ひと薫りのちがいは?・・・普段、何げなく使い分けていることと思いますが、 平安のころは

にほひ~視覚的 丹 秀(穂)であり 赤く色が映えてみえる

薫りは 香居り~嗅覚的 本来は気折り(煙)などほのかに、漂う意味

万葉集の中から にほふの代表的な例として

春の苑 匂ふ桃の花 下照る道に出でて立つ少女

色が美しく光輝くというのが 一番近いように思われます。

現代では いつのまにか この2つの言葉が混同して 使われることが多くなっています。

そんなことをお話しながら 11月17日のお香講座 付け干し作りが 完成で~す。037.gif
d0080094_11284536.jpg


(写真は完成前の 状態です)この後は、木の葉に 粉末の香原料をまぶします。
by ksakamoto8 | 2009-11-18 11:28 | 和の香り | Trackback