毎日の生活の中で感じるちょっとした幸せのときを集めて


by 啓香
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2011年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

愛と怒りの仏

金沢文庫へ・・・・今年の夏から始まって東京国立博物館では、空海と密教美術展、秋には親鸞と法然展
鎌倉では今週末が最終日となる鎌倉×密教(鎌倉国宝館)展、

思えば沢山の仏像、菩薩たちを 見る機会に恵まれた年だったと思う。
なかでも金沢文庫で開催中の愛染明王展は 何回も通っている。

家から40分足らずということもあるが、図書室の本がすばらしい! 残念ながら貸し出し行っていないので
毎回1時間ぐらい 新たなほんとの出会いを楽しんでいる。

今展示中の5指量ほどの愛染明王像や、奈良の国立美術館所蔵の香合仏、個人所有の梵字の瓦経など
みることができる。

仏教美術に興味のある方には、ぜひこの機会に・・・・・・・隣接の称名寺の禅庭ものどかで、カメのお散歩が
なんとも可愛いよ~


d0080094_9382997.jpg
d0080094_9423481.jpg

by ksakamoto8 | 2011-11-24 09:13 | 禅の心 | Trackback

文化の薫り

正倉院展にて・・・・・秋の紅葉の美しいころ お天気にも恵まれ 奈良へ

目的は あの蘭麝待 正倉院の蘭麝待は14年ぶりに 出展と聞き この機会をのがしてはと思い・・・

香木といえば むかしから 人間と神仏をつなぐ祭祀にかかせないもので、蘭麝待 歴史上の権力者たち
足利義正、織田信長、明治天皇 それぞれ切ったあとに印があり、全長は 1メートル50センチぐらいだろうか

(きっと香木の価値、魅力に熟知していたゆえのことであろう)蘭麝待のまえにしばし離れず見入ってしまう。
頭の中では 沈香の薫りを思い出しつつ・・・ 背後に広大な海のかなたの世界をイメージして、蘭麝待にお別れを・・・・


このあとの高野山の宿坊体験 、そして長谷寺へ 満足満足♪

d0080094_14341150.jpg

by ksakamoto8 | 2011-11-10 14:51 | | Trackback